【使ってみた】電熱ジャケットがなぜおすすめなのか?優れた機能5選 | たまるん亭

【使ってみた】電熱ジャケットがなぜおすすめなのか?優れた機能5選

電熱ジャケット悩み
スポンサーリンク

こんにちは、たまるです。

2021年の冬、気になっていた電熱ジャケットを購入しました。なぜ電熱ジャケットが欲しくなったのか?購入したことのメリット・デメリットをお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

電熱ジャケットを購入した理由

電熱ジャケット

電熱ジャケットを購入した理由は、

  • 電気代がかなり高くなったため
  • 出勤時のバイクが寒すぎるため

と、日常生活のちょっとした行動に使えたらいいなと思ったのです。

売り場に行ってみると結構売られていて、ベスト、ジャケットのものなどがありました。

私は初めはベストを購入予定でしたが、薄手のダウンジャケットが思っているよりも軽くてよかったので、ダウンジャケットを購入しました。

電熱ジャケットで必ずモバイルバッテリーを準備

電熱ジャケット

購入時覚えておかなければいけないのは、モバイルバッテリーが必要になるということです。

セット売りしているものと、ばら売りのものがあると思います。お気を付けください。

電熱ジャケット

私が購入したモバイルバッテリーは、ばら売りでした。

電熱ジャケットの種類によると思うんですが、

  • 出力:5V / 2.0又は5V / 2.1A
  • 接続端子:USB仕様

のモバイルバッテリーを準備するように指定されています。

電熱ジャケット

中身はモバイルバッテリー本体とmicroUSBケーブルが入っています。これを充電して、電熱ジャケットと繋げると暖かくなるんです。

スポンサーリンク

電熱ジャケットの使い方

電熱ジャケット

電熱ジャケットには画像のように内ポケットの中に線があり、これとモバイルバッテリーを繋げます。

電熱ジャケット

こんな感じです。

電熱ジャケットの赤色

電熱ジャケット

外側の左ポケット内に、スイッチがあります。3秒長押しすると、

電熱ジャケット

スイッチが赤色になり、表のような特徴があります。

赤色
強さ【強】約50℃
連続使用時間約4時間

 

電熱ジャケットの青色

次に、スイッチを赤色からもう一回押すと、青色に変わります。

電熱ジャケット

青色(安全機能により約4時間で電源が自動で切れます)
強さ【中】約45℃
連続使用時間約6時間

 

電熱ジャケットの緑色

さらに青色のスイッチを押すと、緑色に変わります。

電熱ジャケット

緑(安全機能により約4時間で電源が自動で切れます)
強さ【緑色】約40℃
連続使用時間約10時間

 

電熱ジャケットを使ってみた率直な感想

電熱ジャケット

私が電熱ジャケットを使ってみた率直な感想は、

  1. 軽くてすごく暖かい
  2. 暖かくなるのが早い
  3. 室内でも室外でも、かなり有効
  4. 電熱ジャケットを洗える
  5. 結構長い時間使える

たくさんメリットはありますが、とにかく暖かいです。

私はマンションで暮らしているので割と暖かいのですが、何となく寒い時エアコンを付けたり消したりしていたんです。電気代もかなり上がります。

でも電熱ジャケットのおかげで、ムダな電気代がかからなくて済みそうです。

しかもバイク乗車時の寒さにも、かなり有効です。暖かくて快適です。

物足りない方はヒーター部分がたくさんあるものを購入するといいですね。(私は背中に3か所ヒーターがついてます。)

【まとめ】電熱ジャケットを買ってよかった!外出用、家中用など、おしゃれなジャケットも作ってほしい!

電熱ジャケットを買って使ってみました。本当買ってよかったです。

光熱費も税金も上がり続ける今、こういった工夫をしていくのはいいと思います。

品物によって、温度や洗濯の可不可、ヒーターの数、持続時間など全く違うので、よく調べて好みのものを購入してくださいね。

参考に

今回はたまゆらアスレという、最近注目されているおしゃれな作業服やアウトドア用品のお店をご紹介します。

作業服って!っていう方、それは違います。すごく性能が良くて、今はおしゃれになっています。そして丈夫です!若者向けに考えられていて、生地もしっかりしています。

気になっている方はよかったら、覗いてみてください→冬に必須の電熱ヒートベスト!

 

よかったら、こちらも参考にしてみてください↓↓

電熱ジャケットには注意点がありますので、こちらもしっかり読んで安全にしようしてくださいね。↓

https://tamaru.work/important-point/ 
悩み
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たまるん亭

コメント

タイトルとURLをコピーしました